マーケティングと営業の違いは? それぞれの役割や協力しあうコツも解説
拡大する(全1枚)
マーケティングと営業は似たようなイメージを持たれることがありますが、それぞれの役割には違いがあります。具体的には、掲げる目標、対象とする「顧客」、重視されるスキルなどに違いが見られます。

会社の業績を伸ばすには、お互いを理解して上手に連携することが必要です。今回はマーケティングと営業の役割の違い、協力するために必要なことについて解説します。

マーケティングと営業、それぞれの仕事内容とは?

そもそも会社においてマーケティングと営業は、どのような役割を担っているのか見ていきましょう。
○1.マーケティングの基本的な仕事内容

マーケティングの主な役割は、売れる仕組みを構築することです。市場や顧客のニーズを把握し、ニーズを満たすように自社製品・サービスをうまく結び付てさまざまなプロモーションを実施します。

マーケティングは仕組みづくりがメインであるため、マーケティングが終わった段階ではまだ何も売れていません。
○2.営業の基本的な仕事内容

営業は目の前の顧客に対して製品・サービスを販売するのが主なミッションです。マーケティングで構築した仕組みを利用しながら顧客と商談を行い、製品・サービスの魅力やメリットを伝えて説得します。

食品や日用品といった一部のB to Cの分野では、基本的に消費者に直接販売することはありませんが、スーパー・コンビニ・ドラッグストアといった小売業が顧客となり、商談をすることになります。
マーケティングと営業の違い5つ