オーテク、LDAC対応ワイヤレスヘッドホン「M50xBT2」。限定色の有線機も

オーテク、LDAC対応ワイヤレスヘッドホン「M50xBT2」。限定色の有線機も
拡大する(全1枚)
オーディオテクニカは、ハイレゾ相当の高音質で聴けるLDAC対応のワイヤレスヘッドホン「ATH-M50xBT2」を9月24日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭価格は24,000円前後を見込む。

また、有線ヘッドホン「ATH-M50x」にメタリック×オレンジの限定カラーを採用した「ATH-M50x MO」を同日9月24日に発売。価格はオープンプライスで、店頭価格は21,800円前後を見込む。詳細は後述する。

○ATH-M50xBT2

プロ向けモニターヘッドホン「ATH-M50x」をワイヤレス化した「ATH-M50xBT」(2018年発売)のサウンドを継承しつつ、最新のニーズに合わせてアップデート。独自開発の45mm大口径ドライバーと専用アンプを搭載しており、透明感のある中高域表現と深く正確な低音レスポンスを実現する。

DAC/ヘッドホンアンプに旭化成エレクトロニクス製「AK4331」を採用。96kHz/24bitに対応し、LDACで伝送された音源を高解像度再生できるとする。さらに、高級アンプなどで使われるオーディオグレードのコンデンサーを超小型化した、チップタイプのルビコン製PML-CAPコンデンサーをAK4331の電源回路部に採用。電流が安定し、ノイズや歪みの発生を抑えた純度の高い音を再生可能にした。

Bluetooth 5.0準拠で、コーデックはSBC、AACに加えて、ロスレスに近い音質が楽しめるLDACもサポート。新たに、音と映像のずれを抑える低遅延モード(Low Latency Mode)を搭載するほか、2台のBluetooth機器へ同時接続できるマルチポイントにも対応する。ほかにも、L型の3.5mmステレオミニプラグを備えた長さ1.2mのケーブルが付属し、有線接続でも使える。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク