顔パス・タッチ予約・スマートロック、ビットキーの「既存のビル丸ごとDX」

顔パス・タッチ予約・スマートロック、ビットキーの「既存のビル丸ごとDX」
拡大する(全1枚)
東京建物は、オフィスビル「東京スクエアガーデン」の共有部に、ビットキーのデジタルコネクトプラットフォーム「workhub」(ワークハブ)を導入した。ビットキーは9月15日、報道関係者限定の内覧会を開催し、同プラットフォームの導入で実現した新しい働き方を紹介した。

workhubは既存の設備や導入済みのITシステムなどをつなげて、一括管理できるプラットフォームだ。

例えば、提供事業者がそれぞれ異なる会議室予約システム、エレベーター制御システム、空調コントロールシステム、食事配達サービスなどをworkhubに連携させることで、利用者(個人)認証を一貫して行うことができる。また、セキュリティゲートなどでは、ID認証の際にICカード、パスコード、QRコード、顔認証など、多様な認証方法を組み合わせて柔軟な利用・運用を実現する。

東京スクエアガーデンには、エントランスやエレベーターホールなどのビルの共有部から専有部(ビットキーの新オフィス)にかけて、「顔認証を活用したドア解錠、受付、会議室や個室ブースの予約」「AIによる映像解析技術を活用した混雑・利用状況のモニタリング」「社用スマートフォンとビーコンを活用した社員の入退室管理、位置情報の把握」などの機能が導入された。

従来、同ビルの入居テナントはICカード認証でドアを解錠していたが、顔認証・QRコード認証などに対応したことで、地下駐車場からオフィスエントランスまで、ビル内12カ所のドアで顔パス通過が可能となった。同認証機能は、エレベーター制御とも連動しており、本人認証実施時に通行者のアクセス可能な階数を判別し、エレベーターの停止階の制限も可能だ。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク