ドコモ版iPhoneの買い方が変わる!? - ドコモが「いつでもカエドキプログラム」「U30 ロング割」を発表

ドコモ版iPhoneの買い方が変わる!? - ドコモが「いつでもカエドキプログラム」「U30 ロング割」を発表
拡大する(全1枚)
NTTドコモは9月17日、新型iPhoneの購入にも利用できる「いつでもカエドキプログラム」、30歳まで割引が続く「U30 ロング割」を発表しました。同日オンラインで開催された記者説明会では、担当者が導入の狙いについて語っています。その内容をご紹介しましょう。

○いつでもカエドキプログラム

「いつでもカエドキプログラム」は、購入したスマートフォン端末を最終的にドコモに返却することで、おトクに端末を購入できるプログラムです。残価設定型の24回払いによる購入が必須となります。現時点で対象となる機種はiPhone 13シリーズ、および「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」「Galaxy Z Fold3 5G SC-55B」。9月24日から提供を開始します。

例えば10万5,500円の対象機種を購入した場合。端末ごとに設定される「残価額」が、この端末では4万8,000円だったとします。このとき、1~23カ月目までの支払いは月額2,500円となります(10万5,500円-4万8,000円=5万7,500円を23回の分割で支払う)。これが「いつでもカエドキプログラム」の基本的な考え方で、あとは端末の返却時期によって割引率が変化していきます。

1. 購入してから23カ月目に返却する場合

この場合は、24回目の支払い額である4万8,000円の支払いが不要となります。つまり、利用者の実質的な負担金は5万7,500円のみ。2年周期で最新のスマートフォンに買い換えるユーザーに適した買い方と言えそうです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク