iFi audio、主要Bluetoothコーデックを網羅した小型レシーバ。3万円弱

iFi audio、主要Bluetoothコーデックを網羅した小型レシーバ。3万円弱
拡大する(全1枚)
トップウイングサイバーサウンドグループは、英iFi audioのBluetoothレシーバー「GO blu」(ゴー ブルー)を10月下旬に発売する。高音質なLDACやaptX Adaptiveなど主要なコーデックを網羅しており、価格はオープンプライスで、店頭価格は30,000円弱を見込む。

スマートフォンと組み合わせることを念頭に置いた新シリーズ「GOシリーズ」の第1弾製品。本体サイズが55×34×13mm、重さ27gと「マッチ箱やZIPPOライターと同程度」というサイズ感ながら、主要なBluetoothコーデックに対応しており、SBC、AACに加えてaptX、aptX HD、aptX Adaptive、aptX LL、LDAC、HWA/LHDCをサポートする。通話/ボイスアシスタント用マイクも装備している。

4.4mmのバランス出力と、iFi独自のS-balanced 3.5mmステレオミニの2種類のヘッドホン出力を搭載。ヘッドホンアンプ回路はデュアルモノフルバランスで、負荷の大きいヘッドホンでも駆動可能とする。さまざまなイヤホンやヘッドホン、音源に対応するために、低域増強機能XBass、音場補正機能XSpaceも搭載する。

クアルコム「QCC5100」シリーズのSoCを搭載。一般的なBluetoothレシーバーがチップセット内蔵DACを使うのに対し、GO bluではシーラス・ロジックのDACチップを採用し、iFi独自の超低ジッター技術や、カスタムデジタルフィルターを搭載して高い品質を追求した。本体ファームウェアのアップデートにより、今後新たなコーデックが発表された場合も対応できるという。

容量450mAhの内蔵バッテリーにより、最大8時間の連続再生が可能。USB Type-C(充電共用)を備え、USB-C経由で最大96kHz/24bitまでのUSB DACとしても使える。

再生周波数帯域は20Hz~45kHz(-3dB)で、出力インピーダンスは1Ω以下。出力は4.4mm接続時で245mW(32Ω)、5.6V(600Ω)。3.5mm接続時で165mW(32Ω)、2.8V(600Ω)。ダイナミックレンジは120dB(A)。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「au」に関する記事

「au」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「au」の記事

次に読みたい「au」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク