2021年度版MaaSカオスマップが公開、コロナ対策の需要高まる

2021年度版MaaSカオスマップが公開、コロナ対策の需要高まる
拡大する(全1枚)
ボールドライトは9月21日、計158のサービスが掲載されたMaaS業界カオスマップの2021年度版を公開した。カオスマップは「配車」「決済」「乗換案内」など、ジャンルごとに各サービスが分類されている。さらに「統合型アプリ」のジャンルでは、企業間の提携が図示され、その関係性が一目で分かるようになっている。

2020年版のMaaS業界と比較して、2021年版は「混雑情報配信」「統合型アプリ」などが増加傾向にあり、新型コロナウイルス感染症の影響が見られたという。また、自治体や民間の新プレイヤーの参入も増加したとのことだ。

2021年は新型コロナウイルス対策のため、リアルタイムに混雑情報を配信する実証実験が増加している。訪問者が事前に安全性を確認することで過密状態を回避できるだけでなく、店舗や施設にとっては閑散時と混雑時どちらにおいても適切な人数の集客が可能となる。過密を回避するための、人の分散や移動を促進する人流制御機能の強化は今後さらに必要になると予測されている。

コロナ禍においては、遠距離の移動が制限されて遠方への旅行からマイクロツーリズムと呼ばれる居住地近隣の観光にシフトした。移動需要の変化を受けて観光型MaaSは特に近距離へのサービス展開を重視している。そこで同社は、各サービスの近距離移動や移動自粛に対する機能強化に関して、ワクチン接種の普及や変異型ウイルスの感染拡大など、コロナウイルスの状況次第と見ている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク