トヨタ「ランクル」は現代のクラウン? 人気の理由を考える

トヨタ「ランクル」は現代のクラウン? 人気の理由を考える
拡大する(全1枚)
トヨタ自動車の新型「ランドクルーザー」(通称:ランクル)が人気だ。これから注文しても、届くのは2年後とも3年後ともいわれている。なぜ、これほど売れているのか。ひょっとすると新型ランクルは、かつての「クラウン」のように、日本の高級車需要の受け皿になっているのではないだろうか。

○クラウンユーザー層がランクルに殺到?

ランクルは1955年に登場した本格オフローダーだ。歴代のどのモデルも、高い悪路走破性とトヨタならではの信頼性・耐久性によって、日本のみならず世界中で人気を博してきた。

14年ぶりのモデルチェンジを経て先ごろ発売となった新型は、第一級の悪路走破性を維持しつつ、最新の先進安全装備や快適装備を備えた高級SUVとなった。発売と同時に人気が殺到し、今では納車まで2年待ちとも3年待ちともいわれている。

乗用車の納車待ち期間は、その時点での生産能力と受注数によって機械的に計算されたものが販売店などに伝えられるため、人気モデルの発売直後は極端に長くなりがち。だがメーカーは、受注数に応じてさまざまな方法で生産能力を上げるため、しばらくすると短くなることが多い。

ただしランクルは、他の多くのモデルとは構造が大きく異なるため混流生産ができないし、生産工場自体も別だ。そのため、他モデルのペースを落としてランクルの生産を優先するといった手法が使えないから、すぐに納期が大幅に縮まることはないだろう。加えて、コロナ禍
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク