Amazon社内広報が語る、現場経験を生かした多拠点コミュニケーション

Amazon社内広報が語る、現場経験を生かした多拠点コミュニケーション
拡大する(全1枚)
Amazonには、「社内広報のスペシャリスト」がいる。彼らは物流拠点や配送拠点などへの情報伝達や拠点ごとの情報共有における課題の洗い出しなどを担当している。コロナ禍においては感染対策やワクチン接種に関する会社としての決定事項を早く、正確にスタッフに伝える役割を担っている。

日本の社内広報スペシャリストである、アマゾンジャパン 社内広報マネージャーの坪内文典氏に、コロナ禍において物流拠点で発生した情報共有の課題や、課題を解決する中で得た多拠点間のコミュニケーションを円滑に進めるコツを聞いた。

プロフィール
2005年に日本初のAmazonの物流拠点「アマゾン市川フルフィルメントセンター(FC)」で、派遣社員として勤務。入出荷、在庫品質管理部門、教育部門や改善活動などを統括するバックオフィス業務などを経て、2016年6月からアマゾン川越FCの在庫品質管理部門のシニアエリアマネージャーとして勤務し、FC内の数多くの現場を経験。現場での経験を活かし、2016年11月に社内広報のスペシャリストとして就任。2021年現在は、「社内広報マネージャー」として従事している。

--「社内広報スペシャリスト」とはどのようなポジションですか

坪内氏:Amazonがさらなる業績拡大と取扱品目の拡充、新サービス導入などを見据えて、物流部門の社内コミュニケーションを充実させようと2016年に導入されたポジションです。グローバルにサービスを展開する国・地域に同様の担当者が1名から数名ずつ置かれていて、日本では同年に私が就任しました。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Amazon」に関する記事

「Amazon」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Amazon」の記事

次に読みたい「Amazon」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク