新Fire HD 10+キーボードが結構イイ。アニメ好きが気付いた2画面表示の利点
拡大する(全1枚)
Amazonのタブレット「Fire HD 10」(第11世代)が発売されて早4カ月が経った。新機種ながらプライムデーやタイムセール祭りでたびたびセール対象になり、とりあえず購入してみたという人もいるかもしれない。今回は、新しいFire HD 10と純正キーボードの組み合わせで気付いたメリットをお伝えしたい。

新世代Fire HD 10、ビジネス利用セットも展開

Fireタブレットはプライム会員向けのさまざまなエンタメサービスを楽しむ安価なデバイスとして人気を集めており、第11世代の新しいFire HD 10シリーズでもその点は変わらない。だが、今回はなんといっても、ビジネス利用を視野に入れたラインナップを用意しているのが大きな特徴だ。

具体的には、Fire HD 10に装着してノートPCのように使える、Bluetooth対応の本体カバー付きキーボードを別売アクセサリーとして用意し、このカバーと「Microsoft 365 Personal」(1年版)を同梱した「エッセンシャルセット」を販売。さらに、メモリ4GB搭載の上位機種「Fire HD 10 Plus」はワイヤレス充電に対応しており、Made for Amazon認定取得のAnker製ワイヤレス充電スタンド(単体5,980円、掲載時点では在庫切れ)も用意している。全部そろえると、専用スタンドでワイヤレス充電できる2in1ノートPC風タブレットが完成するわけだ。