伊野尾慧、シングル企画の全貌明かす「パターン化された“流れ”壊したい」

伊野尾慧、シングル企画の全貌明かす「パターン化された“流れ”壊したい」
拡大する(全1枚)
アイドルグループ・Hey! Say! JUMP伊野尾慧が、あす4日発売のエンタメ専門誌『日経エンタテインメント!』11月号(日経BP)に単独で初登場する。

同誌では「14年目の焦燥」というテーマで、仕事に対する問題意識や、その解決策として実際取り組んだことを7ページにわたって話している。8月にHey! Say! JUMPがリリースしたシングル「群青ランナウェイ」はSNSと謎解きをプロモーションに組み込み、初動セールスが前作を約3万枚上回った。通常盤のCDジャケットを発売当日まで公開しないという大胆な手法も話題となったが、一連の施策を企画・立案したのが伊野尾である。

伊野尾は「僕たちは今年でデビュー14年。ともなると、新曲を発売するときのパターン化した動きに慣れてしまっている部分がどうしてもあって。情報が少しずつ解禁されて、取材があって、最後に音楽番組で歌う。今は音楽番組自体が少ないから、あっという間に発売日。何となく続くこの流れを壊したいという思いがありました」と経緯を明かし、ファンの大多数を占める若い世代と「CD」という媒体の溝を少しでも埋められないかという思いも語っている。

ジャニーズ事務所は楽曲配信を全面解禁していないため、いかにCDを売るかを考えなくてはならないが「若い世代はCDを買うことが、純粋に音楽を聴くための行為ではなくなっている。じゃあ何ができるかと思ったとき、体験と一緒に買ってもらえたらという考えに行き着いた」と伊野尾。その体験である「謎解き」と多角的に仕掛けた「匂わせ」やプロセスについて
編集部おすすめ

当時の記事を読む

伊野尾慧のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「伊野尾慧」に関する記事

「伊野尾慧」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「伊野尾慧」の記事

次に読みたい「伊野尾慧」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク