大人気のトヨタ「ランクル」には2種類あり! どっちがいい?

大人気のトヨタ「ランクル」には2種類あり! どっちがいい?
拡大する(全1枚)
トヨタ自動車の新型「ランドクルーザー」が大人気だが、買うとすれば難しい2択に直面せざるをえない。ガソリンか、ディーゼルかという問題だ。クルマのキャラから考えるとディーゼルがよさそうだが、実際のところは? 2台を乗り比べてみた。

「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」をコンセプトとするトヨタの本格SUV「ランドクルーザー」(通称:ランクル)も、今年で70周年だ。8月にフルモデルチェンジしたばかりの新型「300系」は、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの2種類からパワートレインが選べる。今回は両方に試乗し、双方の特徴を確認してきた。
○そもそも「ランクル」とは

今から70年前の1951年8月、当時設立されたばかりの警察予備隊(自衛隊の前身)への納入を狙って開発された4輪駆動車の「トヨタBJ型」をルーツとするのが「ランドクルーザー」だ。結果は米軍車両と互換性のある三菱「CJ3 B型ジープ」が採用されるという悔しいものになったのだが、以降のランクルは3系統に枝分かれして歴史を紡いでいくことになる。ヘビーデューティーを追求した「70系」、フラッグシップSUVとして先進技術を刷新してきた「ステーションワゴン系」、日常的に広範囲の用途をカバーするライトデューティーの「プラド系」だ。これらを合わせると生産実績は累計1,060万台に達する。今も世界170以上の国と地域で年間30万台以上が売れる人気車種だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク