甲斐翔真、日本初演の主演舞台「駆け抜けたい」阿部顕嵐・中村麗乃らと輝き見せる

甲斐翔真、日本初演の主演舞台「駆け抜けたい」阿部顕嵐・中村麗乃らと輝き見せる
拡大する(全1枚)
ミュージカル『October Sky-遠い空の向こうに-』の公開ゲネプロが5日に東京・Bunkamuraシアターコクーンで行われ、甲斐真、阿部顕嵐(7ORDER)、夢咲ねね、栗原英雄、朴ロ美(※ロは王偏に路)、中村麗乃(乃木坂46)、井澤巧麻、福崎那由他が取材に応じた。

同作は全米でベストセラーとなった元NASAの技術者ホーマー・H・ヒッカム・Jr.による感動の自伝小説『ロケットボーイズ』映画化作の、ミュージカル版。ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパーら出演で、アメリカの小さな炭鉱を舞台に、厳しい現実に直面しながらもロケットに夢をかける高校生の姿を描いた1999年公開の青春映画が、アメリカでの2度のトライアウト公演を経て(2015年シカゴのマリオットシアター、2016年サンディエゴのオールドグローブシアターにて)、日本初演となった。

主演の甲斐は「このような状況下でここまで来れたんだという実感が、たった今、沸いてきました。この奇跡を噛みしめながら、ボクたちが作り上げた日本初演の『October Sky』を届けられるように千秋楽まで走り抜けたいと思います」と意気込む。ロケットボーイズの一員である阿部も「ロケットを打ち上げる前の気持ちと、来てくださる皆さんにこの作品を観てもらう気持ちが重なって、とてもワクワクしています」と心境を吐露した。

初の海外翻訳ミュージカルに挑戦となった中村は、普段の乃木坂46の活動と比べ「歌って踊るとき振り付けがあってパフォーマンスしているんですけど、この作品は『歌がセリフ』みたいな感じ。だから稽古場で『思うようにやってください』と言われた時は、『はい』と言ったけど、心の中で『どうしようどうしよう』となっちゃって、そこから衝撃でした」と振り返る。「生のオーケストラなので、それもまたいつもと違った迫力があって、新鮮だなと思っています」と楽しんでいるようだった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

翔のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「翔」に関する記事

「翔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「翔」の記事

次に読みたい「翔」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク