北陸圏の「住み続けたい街」ランキング、1位は? - 2位野々市市
拡大する(全1枚)
大東建託は10月6日、「いい部屋ネット 街の幸福度ランキング2021<北陸版>」および「いい部屋ネット 住み続けたい街ランキング2021<北陸版>」を発表した。調査対象者は、北陸エリア(富山・石川・福井)在住の20歳以上の男女。

同調査は、2021年3月17日~30日、2020年3月17日~4月3日、2019年3月26日~4月8日の3回に渡って行われ、合計9,813名(男性49.8%、女性50.2%)の回答を対象に集計している。

「住み続けたい街ランキング」では、2020~2021年の回答を累積し、回答者50名以上の自治体を対象として集計。その結果、「住み続けたい街」1位は、唯一偏差値70台となった「富山県南砺市」だった。「街に愛着がある」で2位、「街に誇りがある」では4位と、各ランキングでも高評価。

続く2位は「石川県野々市市」。「住みここち」1位、「住みたい街」2位、「街に愛着がある」4位、「街に誇りがある」7位と、各ランキングで高い評価を獲得。3位には「富山県氷見市」がランクインとなり、「街に愛着がある」1位、「街に誇りがある」では3位と各ランキングでも上位となった。

続いて、「街の幸福度」について調査を行った。非常に幸福だと思う場合を10点、非常に不幸だと思う場合を1点とする10段階の回答平均を、100点満点にするために10倍して平均値でランキングを作成。「街の幸福度ランキング」は、2019~2021年の回答を累積し、回答者50名以上の自治体を対象として集計している。

その結果、「福井県勝山市」が1位に。同市は、「住みここちランキング<北陸版>」の「静かさ治安」「親しみやすさ」などの因子別でも高評価を獲得している。

続く2位は、「住みここち」6位、「街に誇りがある」1位と各ランキングで高い評価を得ている「石川県かほく市」がランクイン。3位には「富山県下新川郡入善町」がランクインとなり、「住みここちランキング<富山県版>」の「静かさ治安」「自然・観光」などの因子別で上位を獲得した。