コロナ禍で良い変化を与えたコミュニケーション- 若手世代はオンラインコンサート、ロスジェネ世代は?

コロナ禍で良い変化を与えたコミュニケーション- 若手世代はオンラインコンサート、ロスジェネ世代は?
拡大する(全1枚)
ソニー損害保険は、“安心"をあらゆる角度から切り取り発信するプロジェクト「安心ってなんだ?研究所」(以下「安心研」)の活動として、「団塊世代」・「新人類世代」・「バブル世代」・「ロスジェネ世代」・「ミレニアル世代」・「Z世代」に属する全国の男女360名に「つながりと安心に関する調査」を9月11日~12日の期間で実施。その結果を9月30日に発表した。

本調査は、団塊世代(1947~1949年生まれ)、新人類世代(1956年~1964年生まれ)、バブル世代(1965~1969年生まれ)、ロスジェネ世代(1970~1984年生まれ)、ミレニアル世代(1981~1996年生まれ)、Z世代(1996年~2004年生まれ)を対象にしている。

まず、コロナ禍を経て「よかった」と思うコミュニケーションの変化について尋ねると、「ミレニアル世代」・「Z世代」では、約3割が「オンラインコンサート・ライブで気軽にエンタメを楽しめるようになった」と回答。「Z世代」では、コロナ禍で実際に「オンラインコンサート」に参加した人が約4人に1人(26.0%)いることが分かった。新たなエンタメの楽しみ方として、若年世代を中心に「オンラインコンサート」が定着していくかもしれない。

また、「ロスジェネ世代」では、26.7%が「習い事や勉強がオンラインで気軽にできるようになった」と回答。就職氷河期を生き抜いてきた「ロスジェネ世代」は、他世代と比べて学習意欲が高いことが分かった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク