バルミューダのコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」レビュー、じっくり使ってわかった値段の理由

バルミューダのコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」レビュー、じっくり使ってわかった値段の理由
拡大する(全1枚)
10月7日に発売された「BALMUDA The Brew」。6年もの歳月をかけ、紆余曲折を経てバルミューダが世に送り出したコーヒーメーカーです。

低価格の製品も多いコーヒーメーカーですが、BALMUDA The Brewのお値段は5万9,400円。決して安くない価格設定や独自のコーヒー抽出方法が注目を集めています。発売に先駆けてバルミューダから試用機をお借りして、自宅でじっくり使ってみました。
黒×シルバーの本体は、ハンドドリップと同じ構造

バルミューダの製品といえば、デザイン性の高さは多くの人が認めるところでしょう。BALMUDA The Brewの本体は落ち着いたマットブラックの樹脂。そこに、サーバー(ポット)のステンレスと同じシルバーのパーツが絶妙なバランスで配置され、クラシカルな上品さとクールなカッコよさを醸し出しています。

シルバー部分は反射を抑えた質感にすることで、周囲が映りこみにくく、デザイン上のノイズになりにくい工夫はさすが。少し反骨的で硬派なロック感もあるデザインに、バルミューダらしさを感じます。

見た目以上にユニークなのは操作性。コーヒーメーカーなのでもちろん電動式なのですが、上から順に注湯口、ドリッパー、サーバーといったように、ハンドドリップと同じ構成です。コーヒーのハンドドリップを見たりやったりした経験があれば、直観的に使い方がわかると思います。

手順もハンドドリップと同様。まずはドリッパーにペーパーフィルターを敷いて、その中にコーヒー粉を淹れたい分量だけ入れて、サーバー(ポット)の上にセット。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク