海富道の新ラーメン「金目鯛と白子」の極上スープを飲み干した

海富道の新ラーメン「金目鯛と白子」の極上スープを飲み干した
拡大する(全1枚)
以前、マイナビニュースでもご紹介した、炭火焼きした魚の頭から尻尾まですべてをスープに使った濃厚中華そばを提供する「炭火焼濃厚中華そば 海富道」(しーふーどう)に、この度新メニューが登場した。しかも使われている食材はなんと高級食材「金目鯛と白子」。これは食べに行かなくては、ということで早速試食会に参加してきた。

○フードロス解決と美味しいラーメンの提供の両立がコンセプト

神田駅北口の交差点すぐ近くに店を構える「海富道」は、買い手が付かず行き場を失ってしまう、“もったいない魚たち”を活かし、フードロスの解決と美味しいラーメンの提供の両立をコンセプトとして2021年5月にオープン。「海老」「鯖」「烏賊」など、他では食べることはできない唯一無二のスープによるラーメンが人気となっている。

コロナ禍の影響により都内を中心とした居酒屋店舗は営業がままならず、豊洲市場では白子や金目鯛を含む水産物の需要が減少している。さらに、消費量が圧倒的に少なくなっている一方で生産元では継続して水揚げされているため、金目鯛と白子も買い手がなく行き場を失った食材となってしまっているという。そこで今回、豊洲最大手の仲卸業者である「山治」から“もったいない食材”の提案を受け、タッグを組んで「金目鯛のお頭」と「白子」を使ったラーメンの開発に取り組んだのが新メニュー「金目鯛と白子」だ。

「海富道」の特長は、なんといっても食材をまるごとじっくり炭火焼きして使っているところ。金目鯛はもちろん、白子も焼いてから特殊ペースト化にして、ベースとなる飛び魚アゴ出汁と合わせてスープを完成させている。見ると、ところどころに赤い粉末状の金目鯛が入っているのがわかる。ひと口スープをすすってみると、まさに金目鯛を塩焼きしたような味わいがしっかりと感じられた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク