Googleが作ったドアベル、賃貸につき壁に貼って使ってみた

Googleが作ったドアベル、賃貸につき壁に貼って使ってみた
拡大する(全1枚)

家のスピーカーぜんぶ鳴る! Googleの次世代ドアベル


Google(グーグル)がこの秋日本で発売した「Google Nest Doorbell」は、スマホスマートスピーカーとつながるスマート ドアベルです。その使い勝手を探ってみました。
○スマホ連携が充実したWi-Fi機能付きドアベル

「Google Nest Doorbell」は、玄関のインターホンをスマート化する製品です。直販価格は23,900円と、売れ筋のテレビドアホンと同じくらいの価格で手に入ります。

テレビドアホンというと四角くて黒いものというイメージを抱きがちですが、Nest Doorbellは丸っこくて白い棒のような形状。Googleのスマホ「Pixel」シリーズにも通じるところのある、柔和な印象の外観です。

本体にはビデオカメラ、バッテリー、Wi-Fi接続機能を内蔵。玄関に設置すれば、無線接続でドアホンとして機能します。

屋外利用を想定した仕様ですが、防水・防塵はIP54準拠、動作温度は摂氏-20度~40度とほどほどなスペックになっているため、風雨に直接さらされるところや、直射日光に長くあたり続けるような所に設置するのは避けるのが無難でしょう。

バッテリー駆動・Wi-Fi接続で使えば配線は不要ですが、既存のドアベルの配線をつないで電源供給することもできます。その場合はドアベル用の変圧器を別途用意する必要があります。

家のスピーカーぜんぶ鳴る! チャイムの反応は良好


編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「Google」に関する記事

「Google」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Google」の記事

次に読みたい「Google」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク