小型車市場に新車続々! 今あえて考える「MAZDA2」の現在地

小型車市場に新車続々! 今あえて考える「MAZDA2」の現在地
拡大する(全1枚)
トヨタ自動車「ヤリス」、ホンダ「フィット」、日産自動車「ノート」が続々と登場し、選択肢が充実してきたコンパクトカーの世界。今あえて、マツダが2014年に発売した「MAZDA2」(マツダ2、旧デミオ)を買う意義はあるのか。熟成が進んだ最新のMAZDA2に乗って考えた。

○6月に商品改良を受けた最新版に試乗!

MAZDA2は2014年に発売となった5ナンバーの小型ハッチバック車だ。登場から7年が経過しているが、マツダが「魂動(こどう)デザイン」と呼ぶ外観の造形は今なお古びていない。カッコいいと思える1台だ。

自動車メーカーは一般的に、クルマを発売すると定期的に「マイナーチェンジ」を行って商品性を維持していくものだが、マツダは「商品改良」として年次的な取り組みを続けている。新車を作る時点で、数年先の導入を視野に開発している技術を織り込んでおく「一括企画」という手法がマツダの特徴だ。これにより、マツダはモデルチェンジを待たず、新技術を随時採用しながらクルマを改良していける。

今回試乗したのは、2021年6月に商品改良を受けた最新型。「15S プロアクティブ・スマートエディションⅡ」(15S PROACTIVE Smart Edition Ⅱ)グレードの4輪駆動(4WD)車だ。

6月の商品改良では、一部の1.5Lガソリンエンジンで燃費と環境性能を高めた。このエンジンを搭載するモデルは、アクセル操作に対しクルマの応答性やコントロール性が向上しているという。マツダはガソリンエンジンに「予混合圧縮着火」(HCCI)を適用した世界初のメーカーだが、その実用化のカギとなった火花点火制御圧縮着火(SPCCI)の吸気系制御技術をMAZDA2の新エンジンに応用した。加えて、「MAZDA3」で培った自動変速制御も寄与している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク