ダイソン、ホルムアルデヒド除去に対応した加湿空清「Dyson Purifier」

ダイソン、ホルムアルデヒド除去に対応した加湿空清「Dyson Purifier」
拡大する(全1枚)
ダイソンは10月13日、空気清浄機「Dyson Purifier」シリーズの新製品として、空気清浄機・加湿器・扇風機という1台3役をこなす「Dyson Purifier Humidify+Cool Formaldehyde(ダイソン ピュリファイヤ ヒューミディファイ アンド クール ホルムアルデヒド)加湿空気清浄機」と、「Dyson Purifier Humidify+Cool(ダイソン ピュリファイヤ ヒューミディファイ アンド クール)加湿空気清浄機」を発表した。

公式オンラインストアでの価格は、最上位となるDyson Purifier Humidify+Cool Formaldehydeが99,000円、Dyson Purifier Humidify+Coolが88,000円。本体カラーは、前者がホワイト/ゴールドの1種類、後者がホワイト/シルバーとブラック/ニッケル(直販限定)の2種類。10月13日から公式オンラインストアや家電量販店で順次発売となっているが、公式の発売日はDyson Purifier Humidify+Cool Formaldehydeが10月27日、Dyson Purifier Humidify+Coolが11月26日。

最上位のDyson Purifier Humidify+Cool Formaldehydeは、空気清浄能力としてホルムアルデヒドの分解・除去を備える点が特徴。ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因となる物質のひとつで、涙目、鼻水、のどの痛みといった症状を引き起こす。家庭での発生源としては、木材製品、洗浄剤、カーペット、塗料、壁紙、ワニスなどが考えられるという。なお、日本ではかつて新築の戸建て住宅やマンション、およびリフォーム後のシックハウス症候群が問題となったが、シックハウス対策の規制を導入した改正建築基準法の施行後(平成15年7月1日)は改善が進んでいる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク