山田涼介、目の前に真剣置かれ震え上がる「少しでも当たったら切れるから」

山田涼介、目の前に真剣置かれ震え上がる「少しでも当たったら切れるから」
拡大する(全1枚)
映画『燃えよ剣』(10月15日公開)の公開初日舞台挨拶が15日に都内で行われ、岡田准一柴咲コウ鈴木亮平山田涼介、尾上右近、伊藤英明原田眞人監督が登場した。

同作は岡田演じる土方歳三を主人公に、新選組志士たちの人生と激動の幕末を描く。『関ヶ原』(17)、『日本のいちばん長い日』(15)などで知られる原田眞人監督が、司馬遼太郎の同名小説を原作にメガホンを握り、新選組局長・近藤勇を鈴木亮平、美しき剣士・沖田総司をHey! Say! JUMP・山田涼介が演じる。

お気に入りのシーンについて聞かれると、山田は「撮影時のエピソードも含めて印象に残ってルンホア、沖田がどんどん弱っていく中、土方さんが看病してくれるシーン。僕の刀を『目の前に持って来てください』と土方さんにお願いするシーンがあるんですけど、その時に使われてた件が真剣といって、本物の剣なんです」と明かす。

山田はさらに「台本にも『目の前に持ってくる』と書いてあったんですけど、目の前って大体これぐらいの距離かなと思ってたら、この距離に持ってきまして、岡田さんが」と手で近さを再現。「それで震え上がる僕を見て、岡田さんだけでなく、監督も爆笑していて、僕はとても印象に残っています」と振り返った。

「怖がってたよね」と言う岡田に、山田は「そりゃ怖いですよ。すごく名刀だったじゃないですか。岡田くんからも撮影する前に『これは良い刀だ。少しでも当たったら切れるから気を付けてね』という脅しもいただいていたんです」と苦笑する。山田が「岡田さんだから許された撮影だと思います」とフォローすると、岡田は「信頼されてるから持たせてもらったんだと思います。スッとしゃがんだ時に、(刀を置いた位置が)そこだったんです。自分の体がブレずに置ける位置で、撮った時に離れすぎず1番ピントが合いやすい位置」と詳しく説明。また「まばたき多いなあ」と山田のことを笑っていたという原田監督は、「万が一のことがあったらどうしようと思って、笑うしかなかった」と撮影の様子を語った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

山田涼介のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「山田涼介」に関する記事

「山田涼介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山田涼介」の記事

次に読みたい「山田涼介」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク