木村昴「真面目は最強」 声優道を突き進んだ結果…マルチな活動に喜び

木村昴「真面目は最強」 声優道を突き進んだ結果…マルチな活動に喜び
拡大する(全1枚)
●国民的キャラクターを背負い、芽生えた責任感
『ドラえもん』のジャイアン役をはじめ、ラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」や『仮面ライダーリバイス』といった話題作に参加するだけでなく、子ども向けバラエティ番組『おはスタ』のMCを担うなど、声優・木村昴の勢いが止まらない。映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』(10月22日公開)の日本語吹替え版では、クールな主人公スネークアイズに命を吹き込んでいる。

これまでの道のりを振り返ってもらうと、「声優業に打ち込んできたことで、いろいろなことに挑戦できるようになった。ものすごく幸せ」と充実の表情を浮かべた木村。14歳から『ドラえもん』という国民的アニメに携わってきたからこそ、「もし自分が誰かを失望させるような行動をとってしまったとしたら、迷惑をかけてしまう人がたくさんいる」と責任感を強くしながら、声優道を突き進んできたという。サービス精神と笑顔いっぱいにインタビューに応じ「真面目は最強」と熱く語る姿から、マルチな活躍の秘密に迫る。

木村の八面六臂の奮闘ぶりには目を見張るばかり。2005年に14歳にして『ドラえもん』のジャイアン役で声優デビューをした彼だが、キャリアを振り返ってもらうと「もともとは声優志望ではなかった」と告白する。

「今もそうなんですが、根本はめちゃくちゃ目立ちたがり屋なんです」と口火を切り、「子供の頃は、自分の人生のミッションは『人気者になること』だと思っていました」とにっこり。それを実現させるために児童劇団に入り、「お芝居やダンスがどんどん楽しくなっていって、ミュージカルにも出ることができました。僕の父親はオペラ歌手で、母も声楽家なので、両親に通じるものができている誇らしさも感じました」とやりがいを味わったものの、「そうしているうちにラップにハマったり、子役としてタレント業も経験させていただいていたんですが、中学1年生にして『いろいろやっているけれど、僕が一生をかけてやっていきたいものはなんなんだろう?』と先が見えなくなってしまった。中1にしてスランプです!」と混乱期があったという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

木村昴のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「木村昴」に関する記事

「木村昴」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「木村昴」の記事

次に読みたい「木村昴」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク