高級たばこ「ソブラニー」復活の舞台裏 - JTグループ「アイメックス」を直撃

高級たばこ「ソブラニー」復活の舞台裏 - JTグループ「アイメックス」を直撃
拡大する(全1枚)
2012年に国内での販売が終了していた世界有数の高級たばこブランド「ソブラニー」が今年7月に復活。日本の愛煙家の間で話題となっている。

販売元は葉巻、リトルシガー、手巻たばこ、パイプたばこ、キセル用の刻みたばこ、無煙たばこといった特殊たばこと言われるジャンルの商材を主軸とするJTの子会社「日本たばこアイメックス」。

喫煙具など愛煙家には興味深いニッチなアイテムを多数取り扱う同社が、なぜ紙巻たばこ「ソブラニー」を日本で復活させたのか? 9年ぶりの再販売に至った背景や「ソブラニー」の魅力を聞いた。

トラディショナルな高級たばこ「ソブラニー」


「たばこ市場にはチャンセラー社が販売する1箱3,000円の『トレジャラー・ブラック』、JTからも1箱1000円の『ザ・ピース』といった高級たばこが存在しますが、『ソブラニー』は世界で最も歴史が古いたばこブランド。上流階級・アッパー層向けの晩餐会用のたばことして嗜まれてきました」と、アイメックスの担当者は語る。

イギリスに本社を置くギャラハー社の高級紙巻たばこブランド「ソブラニー」をJTが輸入販売を始めたのが2008年のこと。JTグループがギャラハー社を2007年に買収したことが契機となっている。

しかし、日本の一般的なたばこの価格が300円台だった当時、1箱750円という2倍近い価格もあり、販売数量の減少などの理由で2012年に国内販売が終了。以来、日本市場から姿を消していた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク