ヤマハ発動機、“日常も災害時も”使用可能なボートなどをRISCON2021で披露

ヤマハ発動機、“日常も災害時も”使用可能なボートなどをRISCON2021で披露
拡大する(全1枚)
10月20日から22日にかけて東京ビッグサイトの青海展示棟で開催されている「RISCON TOKYO 危機管理産業展2021」にヤマハ発動機が出展し、洪水救難艇や発電機のコンセプトモデルを披露した。

出展テーマは「遊んで 備える」。

遊びといった普段の生活の中に防災ツールを取り入れることで、有事に正しく操作するための知識やスキルを自然と習得するという「平時に楽しみ、有事に役立つ」防災スタイルを提案したいといった考えから同テーマでの出展に至ったという。

同展示では、そういった普段からの取り入れやすさを意識したコンセプトモデルなどが紹介されている。
暗闇でも操作手順がわかる発電機

最初に紹介するのは、ヤマハ発動機が発売しているインバータ式の発電機とそれをベースとしたコンセプトモデル「EF1800iS」「EF900iSGB2」だ。

蓄光塗料を用い、停電時などの暗い場所でも操作手順がわかるよう工夫したという。

「EF900iSGB2」はガスボンベを燃料として発電。「EF1800iS」は自動車用のレギュラーガソリンを燃料として発電する。連続運転可能時間はモデルによって決まっているが、ガソリンを注ぎ足すことで再発電が可能で、蓄電池とは異なり発動機本体の充電を必要としないのが特徴だ。
車イスごと乗船が可能な洪水救難艇

続いて紹介するのは、洪水救難艇のコンセプトモデル「RS-13」。全長4.03m、横幅は1.72mで6名乗りを想定したボートだ。コンパクトな設計のため、2トントラックで移送が可能。最大の特徴はフロントゲートの展開が可能なことだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク