ソニー、BRAVIA XRと連携して立体音響を鳴らす首掛けスピーカー

ソニー、BRAVIA XRと連携して立体音響を鳴らす首掛けスピーカー
拡大する(全1枚)
ソニーは、薄型テレビ「BRAVIA XR」と組み合わせてDolby Atmosなどの立体音響コンテンツが楽しめ、音場の個人最適化も可能なワイヤレスネックバンドスピーカー「SRS-NS7」を10月29日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭価格は33,000円前後を見込む。

BRAVIA XR(A90J/A80J/X95J/X90J)で見ているネット動画やBlu-ray Discなどの音声を立体的なサウンドで楽しめるネックスピーカー。主に、映画やテレビを夜に視聴したくても、近所に配慮して大音量で楽しめない人や、耳をふさがずにテレビを見たいといったニーズに応える。同梱のワイヤレストランスミッターは単品でも同日に発売し、店頭価格は7,000円前後を見込む。

ソニーのネックスピーカーには、新製品のSRS-NS7のほかにも、ゲームや映画などを迫力あるサウンドとバイブレーション機能で楽しむエンターテインメント向けの「SRS-WS1」(2017年発売)と、テレワーク向けにオンライン会議での通話に適した機能を備えた「SRS-NB10」(2021年発売)があり、これらは引き続き販売する。

○SRS-NS7の主な特徴

SRS-NS7に同梱のワイヤレストランスミッターを光デジタルケーブルでBRAVIA XRにつなぎ、ネックバンドスピーカーとトランスミッター間はBluetoothで接続。BRAVIA XRで見ているDolby Atmosの立体音響コンテンツを臨場感あふれる音場で体感できる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「動画」に関する記事

「動画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「動画」の記事

次に読みたい「動画」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク