看護師6割が「退職を検討したことがある」と回答 - 理由は?

看護師6割が「退職を検討したことがある」と回答 - 理由は?
拡大する(全1枚)
日本労働調査組合は10月20日、「看護師の退職動機」に関する調査結果を発表した。調査は9月9日~16日、全国の20~49歳の看護師男女536名を対象にインターネットで行われた。

「最近退職を検討したことがありますか?」と質問したところ、「ある: コロナウイルスの影響」が21.6%、「ある: コロナウイルスの影響とは別の理由」が39.0%、「ない」が39.4%と、約6割が退職を検討したことがあるという結果に。しかしながら、「現在、転職活動をしてる」という人は24.3%にとどまり、6割が退職を検討しているものの、実際に激務の環境での転職活動が難しい様子がうかがえた。

看護師をしていて辞めたくなった理由については、「給与・待遇不満」(49.3%)が最も多く、次いで「精神的につらい」(43.3%)、「職場の人間関係」(41.6%)、「ワークライフバランス」(36.9%)と続いた。

次に、看護師をしていて良かったと思えることを教えてもらったところ、「雇用の安定」(51.5%、「経済的な安定」(48.5%)、「社会的な信用」(34.9%)、「周囲からの感謝」(28.9%)が上位に。一方、看護師をしていてつらかったこととしては、「責任の重さ」(64.9%)が最も多く、次いで「精神的な不安」(50.4%)、「感染リスク」(47.8%)、「給与・待遇不満」(46.5%)と続いた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク