アップルらしさがてんこ盛りの新AirPods、“買い”だと感じた注目点

アップルらしさがてんこ盛りの新AirPods、“買い”だと感じた注目点
拡大する(全1枚)
アップルが、第3世代の「AirPods」をいよいよ10月26日に発売します。価格は23,800円。世界で最も売れているワイヤレスイヤホンの最新モデル、注目すべきポイントを解説したいと思います。

EarPodsから進化したAirPods。4つのラインナップが出揃った

AirPodsは、2016年12月に初代モデルが登場しました。今では“完全ワイヤレスイヤホン”として呼び名が定着した左右独立型のワイヤレスイヤホンですが、AirPodsが登場した当時はまだまだ珍しく、iPhoneに同梱されている有線タイプの「EarPods」を使っているユーザーを街中で多く見かけました。

その後、完全ワイヤレスイヤホンが多くのメーカーから発売され、次第にワイヤレスイヤホンの主流になっていきます。AirPodsは、2019年春にアップル独自設計のSiP(高性能なICチップを中心とする“システム・イン・パッケージ”のこと)である「Apple H1」を搭載し、常時オンの「Hey Siri」による音声操作に対応したほか、Qi対応のワイヤレス充電ケースを伴う第2世代機になりました。同じ年の秋には、アクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載する「AirPods Pro」が発売されています。2020年冬には、初のANC機能搭載のワイヤレスヘッドホン「AirPods Max」も誕生しました。

“無印”のAirPodsは、およそ2年半ぶりのアップデートとなります。第2世代のAirPodsをベースに、ワイヤレス充電非対応のケースが付属する従来のAirPodsも併売されます。価格を16,800円に抑えたエントリーモデルとして位置付けられます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク