新AirPodsレビュー 使って分かった“期待以上の進化”

新AirPodsレビュー 使って分かった“期待以上の進化”
拡大する(全1枚)
「世界で最も多く売られるヘッドホン」として知られるアップルのAirPods。2016年12月に初代モデルが登場して以来、年齢や性別を問わず幅広い層に指名買いされ、通勤電車や街中ではAirPodsを耳にしている人を見かけない日はないほどになりました。

そのAirPodsが、形状や構造を一新した大規模な改良を実施し、第3世代モデルとして登場。すでにAirPodsシリーズを愛用している人が気になる「どこが変わった?」「買い替える価値はある?」といった点を中心にまとめてみました。

フィット感が向上、装着時に目立ちにくくなった

これまでのAirPodsは、かつてiPhoneに付属していた有線イヤホン「EarPods」の形状を継承しており、EarPodsを使い慣れた人が違和感なくすんなり移行できるようにしていました。新しいAirPodsは、内部構造を一新して音質を改善したうえで、AirPods Proに似たグラマラスな外観に変更して耳へのフィット感を高めています。

実際に装着したところ、耳の中に収まる部分が従来よりも少し大きくなったこともあり、よりしっかりと耳の穴にフィットする印象を受けました。密閉性を重視したAirPods Proとは異なりイヤーピースはないので、「AirPods Proは装着時の圧迫感が気になる」と感じた人も違和感なく使えると思います。軸の長さが従来の3分の2ほどに短くなり、装着時に目立ちにくくなったのもうれしい改良点といえます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク