PhotoshopやIllustratorがブラウザで動く! 共同作業がラクになるCreative Cloud Webが便利そう

PhotoshopやIllustratorがブラウザで動く! 共同作業がラクになるCreative Cloud Webが便利そう
拡大する(全1枚)
アドビが毎年開催している、世界規模のクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX」。2021年度は2020年に引き続きオンラインで行われ、Adobe Creative Cloudの最新アップデートや将来搭載される予定の新技術などがお披露目される。

ここでは、発表になった新機能のうち、チームメンバーでコラボレーションしながらクリエイティブワークを進める際に便利な新サービス「Adobe Creative Cloud Web」を中心に紹介していこう。

○リアルタイムで効率的な共同作業を実現する「Adobe Creative Cloud Web」

コロナ禍でテレワークの導入が進み、リモートでの共同作業が珍しくなくなったが、そこで課題として浮かび上がってきたのが、チームメンバーでコラボレーションする際のアセット共有やバージョン管理などのやり方。「Adobe Creative Cloud Web」は、それらの課題を解決する新しいサービスだ。

Adobe Creative Cloud Webは、アイデア出しから実制作のプロセスに至るまでのすべての段階でハブとなるような「場」を提供するもの。おもな機能としては、「Adobe Creative Cloud スペース」と「Adobe Creative Cloud カンバス」があり、共同作業を円滑に進めるためのツールとしてPhotoshopやIllustratorのWeb版も用意される。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク