意外と知らない「クルマ」の豆知識 第17回 ご先祖はEVメーカー? 日産が電気自動車に積極的な理由

意外と知らない「クルマ」の豆知識 第17回 ご先祖はEVメーカー? 日産が電気自動車に積極的な理由
拡大する(全1枚)
近年、積極的に電気自動車(EV)のラインアップを強化している日産自動車。「リーフ」や「アリア」といったフルEVをはじめ、「ノート e-Power」などのハイブリッド車もあり、バリエーションは他メーカーと比較しても多彩です。なぜ日産は、ここまで積極的に電気のクルマに取り組んでいるのでしょうか。モータージャーナリストの内田俊一さんに聞きました。

○「たま」を作った会社がEVの先駆者?

戦前、日本にはいくつかの航空機メーカーが存在していた。そのひとつである立川飛行機は終戦後に事業閉鎖となってしまったものの、その流れをくむ企業体のひとつである“東京電気自動車”は、その名の通りEVの製造に乗り出した。

当時の日本はGHQの軍需物資統制で深刻な石油不足に陥る一方、水力発電による電力には相対的に余力があったことから、東京電気自動車はEVの開発に着手し、東京都北多摩郡府中町に工場を借りてクルマを作ることにした。東京電気自動車はのちにプリンス自動車になり、日産へとつながっていく。

東京電気自動車は1946(昭和21)年、当時の小型ボンネットトラックをベースに2台の試作車を完成させるのだが、そのクルマは荷台の下にバッテリーを積み、ボンネットの下をエンジンからモーターに入れ替えだけのシンプルなものだった。モーターは日立製作所、バッテリーは湯浅蓄電池(現在のGSユアサ)と共同開発した。

翌1947(昭和22)年5月には乗用車版も完成。工場の土地の名から“たま”と名付けた。2ドアセダンで最高速度は公称35km/h、1回の充電走行距離は同65km。政府主催の第1回性能試験では、カタログ値を上回る航続距離96kmを記録した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク