Travis Japan、寅年に向けて「デビューするぞ!」決意表明で「見出しにして」
拡大する(全1枚)
舞台『虎者 NINJAPAN 2021』の公開ゲネプロが4日に東京・新橋演舞場で行われ、ジャニーズJr.のグループ・Travis Japan(宮近海斗中村海人七五三掛龍也川島如恵留吉澤閑也松田元太松倉海斗)が出席、初日を迎えた意気込みを語った。

故・ジャニー喜多川さんが企画・構成を行い、滝沢秀明が構成・演出を引き継いだ同舞台。2019年11月にグループ初の単独公演として初演を迎え、今回は3回目の公演となる。舞台とショータイムで構成され、壁で行うウォールトランポリンにプロジェクションマッピングを組み合わせるなど、新たな技術を取り入れたパフォーマンスを見せていく。

会見では松田が「たくさんのお偉いさんがいそうな雰囲気で緊張してますが……」と笑わせる。作中では赤忍者、青忍者と別れるシーンもあり、赤の宮近&松田&松倉、青の七五三掛&中村、川島&吉澤が同じ楽屋であることも明かされた。赤の3人は『To the top』という曲で電飾の手袋をつけたパフォーマンスも披露。

青の4人のパートでは七五三掛がセクシーな振り付けを担当し「キャッチーなダンスを作ってみたいなと思って、サビの歌詞の『Bad』の『B』を2つ作って、『BBダンス』という名前を付けました。しかもその曲が『Bring Back』という曲なんです。それも『BB』で、全部つながる」と説明する。得意げな七五三掛を見た川島が「名前付けたの、俺なんですけどね」と明かし、七五三掛は「如恵留、言わないでよ!」と焦っていた。