A.B.C-Z戸塚祥太、歌舞伎に初挑戦「市川海老蔵さんの背中を見ながら」
拡大する(全1枚)
歌舞伎役者の市川海老蔵が主演する『六本木歌舞伎2022』が、2022年2月18日から東京・EXシアター六本木で上演されることが決定し、アイドルグループ・A.B.C-Z戸塚祥太が出演することがわかった。

2015年に海老蔵と中村獅童の共演、宮藤官九郎脚本、三池崇史演出により上演された『地球投五郎宇宙荒事』から始まった同公演。2017年には、リリー・フランキーが新解釈で描き出した第2弾『座頭市』を上演し、寺島しのぶと海老蔵の22年ぶりの共演で話題となった。第3弾は、歌舞伎初挑戦の三宅健が出演し、芥川龍之介『羅生門』を上演。今回はその第4弾となる。

三宅からバトンを受け継ぐ形で、事務所の後輩である戸塚が歌舞伎に初めて挑む。また、演出は、日本舞踊の宗家・藤間流八世宗家で舞踊、振付、演出と幅広く活躍する藤間勘十郎が担当し、第1弾から演出を手掛けてきた三池氏は監修として参加。東京公演はEXシアター六本木にて2022年2月18日~3月6日、福岡公演はサンパレスホテル&ホールにて3月11日~13日、大阪公演はフェスティバルホールにて3月18日~21日に上演する。

本人コメントは以下の通り。

■市川海老蔵

2015年にスタートさせた『六本木歌舞伎』も今回で第4回を迎えることができました。毎回、歌舞伎界のみならず様々な分野にて第一線でご活躍される方々のエネルギーをお借りしながら、作品づくりに向き合ってきました。この度は、ジャニーズグループ・A.B.C-Zより戸塚祥太さんをお迎えし、斬新で痛快な作品を生み出します。閉塞感漂う現代に風穴を開けるような「六本木歌舞伎」ならではの科学変化に是非ご期待ください。

■戸塚祥太(A.B.C-Z)

偉大な先輩方と同じ舞台に立てることに今から気持ちが昂っています。私にとって未知数である歌舞伎の世界に飛び込むことは、子供のように目に映るすべてに心のときめきを感じることと思います。市川海老蔵さんの背中を見ながら、楽しみ学び、そして演じていきたいです。ぜひとも劇場にお越しください。