高級プリッツ、グリコ「バトンドール シュガーバター」が至福の味すぎる!
拡大する(全1枚)
11月11日は「ポッキー&プリッツの日」。様々な商品が展開されていますが、実は店舗限定のプリッツやポッキーがあることをご存じでしょうか?

その名は「Bâton d'or(バトンドール)」。「バトンドール」は大阪の阪急うめだ本店、髙島屋大阪店、大阪国際空港(伊丹空港)店、京都は髙島屋京都店、神戸は神戸阪急店、福岡は博多阪急店と、関西を中心とした6店舗のみ展開している、江崎グリコが手掛けるプレミアムなスティックスイーツのブランドです。

今回は「バトンドール」のなかから、高級プリッツとも言えそうな「シュガーバター」(540円)をレポートします。

シックな青色のパッケージに、ゆったりと波打つライン。すでに箱からして高級感が漂っています。「バトンドール」とは、フランス語で「黄金のスティック」という意味だそう。「バトンドール」のロゴも金色の箔押しが施されています。輝いてる……!

1箱につき、6本入りの小袋が6袋入り。お土産として渡すにも丁度良さそうな個包装です。

小袋はしっとりとマットな手触り。「プリッツ」といえば銀色のギラッとした小袋の印象が強いですが、「バトンドール」は透け感のある白色で、小袋ひとつひとつから高級感を感じられます。

それではいざ実食といきましょう。パッケージを開けた瞬間から、ふわっとバターの香りが広がります。

「バトンドール」の特徴は、"ブール・クラリフィエ"と呼ばれる 黄金色の「澄ましバター」を使っていること。「澄ましバター」はただのバターではなく、バターを一度溶かし、水分や固形物を取り除いて精製した乳脂肪分のことで、透き通った黄金色の液体になるそう。これにより、バトンドール独特のコクや風味が楽しめるといいます。