【特集】2021年のバイク事情 第14回 日本の4大バイクメーカーの魅力を教えて!【ヤマハ編】

【特集】2021年のバイク事情 第14回 日本の4大バイクメーカーの魅力を教えて!【ヤマハ編】
拡大する(全1枚)
日本人でもバイクに興味のない人はあまり知らないことですが、「ホンダ」「ヤマハ」「カワサキ」「スズキ」は世界トップレベルの4大バイクメーカー。数々のレースで実証した性能と品質は市販車にフィードバックされ、国内外に多くのファンを生み出しています。

その日本が誇る4メーカーには、それぞれどんな魅力があるのでしょうか?今回はマイナビニュース会員に行ったアンケートから「ヤマハ」のバイクが持つ魅力について紹介します。

マイナビニュース会員の免許所持率とバイク所有率は?

まずは、マイナビニュース会員の「自動二輪免許の所持率」と「免許所持者のバイク所有率」を紹介しましょう。
○Q.あなたは自動二輪免許を持っていますか?(n=1,019)

はい ―――41.9%
いいえ ―――58.1%

○Q.現在、バイクを所有していますか? /自動二輪免許所持者(n=427)

はい ―――64.6%
いいえ ―――35.4%

アンケートでは、会員の4割を超える方がバイク免許を取得しており、その中で車両を所有しているのは約6割という結果になりました。しかし、すべての免許所持者が車両を持っているわけでありません。

1980年代のバイクブームでは多くの若者が免許を取得しましたが、その後の就職や結婚、出産などを機に手放してしまった方も多いようです。そして現在、子育てが終わってひと段落し、再びバイクを所有する中高年のリターンライダーも増えています。やはりバイクには大きな魅力があるようですね。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「バイク」に関する記事

「バイク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「バイク」の記事

次に読みたい「バイク」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク