役所広司、夢諦めた映画人へ「皆が帰ってこれるよう…」第13回TAMA映画賞受賞者そろう

役所広司、夢諦めた映画人へ「皆が帰ってこれるよう…」第13回TAMA映画賞受賞者そろう
拡大する(全1枚)
第13回TAMA映画賞 授賞式が21日に東京・府中の森芸術劇場 どりーむホールで行われ、受賞者である岨手由貴子監督、土井裕泰監督、横浜聡子監督、駒井蓮役所広司菅田将暉尾野真千子有村架純 、藤元明緒監督、松本壮史監督、藤原季節、金子大地伊藤万理華が登場した。また『ドライブ・マイ・カー』濱口竜介監督、三浦透子は欠席し、山本晃久プロデューサーが代わりに登壇した。

同映画賞は、多摩市及び、近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる"いきのいい"作品・監督・俳優を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰」するもの。

最優秀新進男優賞に輝いた藤原季節は、「真面目に生きていきます。僕が真面目じゃないから言えることで、これまで沢山の人を傷つけて生きてきたので」と印象に残るスピーチ。また最優秀女優賞の尾野は「このような賞をいただけて本当に嬉しく思っております。少しずつですが、女優として皆様に認めていただいてるのかなと、これからも頑張らなければいけないなという気持ちにさせていただきました。これからももっともっと心に響く作品に出会っていけたらと思っています」と謙虚に挨拶する。

映画『茜色に焼かれる』に主演した尾野は同作の印象的なシーンとして「これから頑張っていける、第2の人生を輝いていけると思ったときに彼氏から裏切られるんですよね。本当に腹が立って腹が立って、役としてではなく話自体に腹が立ってしまって、戻って来れなかったんですよ。大変でした」と振り返る。「どん底に落ちて泣き崩れてしまって、現場を止めてしまって監督にお時間くださいと久しぶりに言わせていただいて、なんとか3分くらいで戻って来れて」と話すと、その早さに会場からも笑いが起こる。尾野は「切り替え早いので」と微笑んでいた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

役所広司のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「役所広司」に関する記事

「役所広司」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「役所広司」の記事

次に読みたい「役所広司」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク