横浜流星、『あな番』ドラマ台本に戸惑いも…映画では「いっぱい蹴ります」

横浜流星、『あな番』ドラマ台本に戸惑いも…映画では「いっぱい蹴ります」
拡大する(全1枚)
映画『あなたの番です 劇場版』(12月10日公開)の完成報告会が22日に都内で行われ、原田知世、田中圭、西野七瀬、横浜流星、浅香航大、奈緒、坪倉由幸(我が家)、袴田吉彦、片桐仁、野間口徹、皆川猿時、木村多江、佐久間紀佳監督が登場した。

同作は2019年4月~9月に日本テレビ系列で放送された同名ドラマの映画化作。“年の差新婚夫婦”手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)が、東京都内のマンションに引っ越し、幸せいっぱいの新婚生活を始めるはずが一転、住民たちの“殺人ゲーム”に巻き込まれていく……というストーリー。主人公・菜奈が殺されてしまうなど衝撃展開の連続が話題を呼んだ。

同作について聞かれた横浜は「ドラマと違ってマンションの住人じゃなくて招待されていないので、なぜ船に乗っているのかは楽しみにしていただければ」と期待を煽る。さらに「ドラマの時は、二階堂のアクションではなく台本に『横浜流星によるアクション』と書いてあって、戸惑いがあったんですが、今回はちゃんと意味のあるアクションだったので『よし!』という感じでした」と明かし、田中から「まるでドラマが意味のなかったみたいな……」とつっこまれる。横浜は「戸惑いがあったんです。だって、『田中圭によるアクション』って書いてあったら戸惑いません!?」と慌てて弁解していた。

横浜とのアクションシーンもあるという田中は「ドラマ版の時から唯一と言っていい不満が、翔太ってジムで体を鍛えてみんなにすすめるくせに、めちゃくちゃ弱いんですよ。多江さんとかにもやられちゃってる」とぼやく。「先に言っていいですか、僕、またやられるんですよ。横浜流星に思いっきり蹴られてるんですよ」と語り、横浜は「思いっきり蹴りましたね」と同意。田中は「だから、翔太くん、弱いなと思っています」と拗ねた様子だった。

改めて見どころを聞かれると、横浜は「いっぱい蹴ります」と一言。「いっぱい蹴っていっぱい投げて、いっぱい殴ります」とアクションシーンをアピールした。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

原田知世のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「原田知世」に関する記事

「原田知世」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原田知世」の記事

次に読みたい「原田知世」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク