米倉涼子主演Netflix『新聞記者』場面カット&メインキーアート公開
拡大する(全1枚)
女優の米倉涼子が主演を務めるNetflixシリーズ『新聞記者』(2022年1月13日全世界同時配信)の場面カット、メインキーアートが30日に公開された。

2019年6月に公開された映画『新聞記者』は、近年の政治事件やスキャンダルに切り込み、第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得したほか、多くの映画賞を受賞。Netflixシリーズ『新聞記者』では、全6話のドラマとしてキャストを一新し、新たな物語を描く。米倉が演じるのは、“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈。監督は映画版に引き続き、藤井道人氏が務める。

そして、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役に綾野剛、新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役に横浜流星、さらに自分の意思に反し改ざん作業を強いられる公務員・鈴木和也とその妻・真弓を、吉岡秀隆寺島しのぶが演じる。

今回解禁された場面写真では、松田と村上、そして木下という全く異なる場所で生きる3人の姿を垣間見ることができる。映画版でも登場した東都新聞や内閣情報調査室といった舞台のほか、藤井監督が新たに「自分自身の目線から物語を紡ぐ」ために市井の人々、特に若者の視点が取り入れられ、Netflix版『新聞記者』では、より等身大で身近な物語が完成した。また鈴木と妻・真弓の深刻な表情は、彼らの運命がいかに翻弄されるのかを暗示し、3人の運命をも突き動かしていくことを予感させる。

また同時にメインキーアートも公開。同作では、国民の知る権利を守ろうと闘うジャーナリストだけではなく、政治家、官僚、司法関係者、そして市井の人々が自分たちなりの矜持を持ち、現実と葛藤する姿が描かれるが、メインキーアートでも登場人物の5人が違った方向に鋭い視線を向け、彼らの異なる“正義”のせめぎ合いが表現されている。