アップルマークが今年も赤く エイズに加え、新型コロナとの戦いも支援

アップルマークが今年も赤く エイズに加え、新型コロナとの戦いも支援
拡大する(全1枚)
12月1日の「世界エイズデー」をより多くの人に知ってもらうための取り組みとして、Apple 銀座、Apple 新宿、Apple 表参道、Apple 福岡天神、Apple 心斎橋の5店舗のアップルマークが今年も赤く染まりました。

アップルが2006年から取り組んでいる世界エイズデーへのサポートは今年で15年目。「iPhone 13(PRODUCT)RED」や「Apple Watch Series 7(PRODUCT)RED」、Apple Watchバンドなど、(PRODUCT)REDモデルの売上の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に寄付しています。12月6日までの期間は特別に、apple.com、Apple Storeアプリ、またはAppleStoreでApple Payを使用して買い物をするごとに、アップルが1ドルを上乗せして寄付します。

これまでの寄付金額は2億7000万ドル(約306億円)。昨年からは寄付の対象を拡大し、エイズ撲滅の目的に加え、新型コロナウイルスとの戦いを支援するためにも使われています。

12月1日から、今年の世界エイズデーのために作られたApple Watchの特別な盤面が、(PRODUCT)REDの特設サイトから無料でダウンロードできます。デザイン的にもオシャレなだけでなく、(PRODUCT)REDへの賛同の意思をアピールできます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク