ソニー「α7 IV」日本でも正式発表 気になる進化点をまとめてチェック

ソニー「α7 IV」日本でも正式発表 気になる進化点をまとめてチェック
拡大する(全1枚)
12月2日、ソニーがフルサイズミラーレス「α7 IV」(ILCE-7M4)を発表しました。すでに海外では発表済みでしたが、日本でも正式にお披露目された形です。

撮像素子と画像処理エンジンを最新版に置き換えて画質を高めたほか、電子ビューファインダーの見やすさを向上。オートフォーカス性能を引き上げたほか、動画撮影を意識した設計としたのもポイント。α7R IVの高解像性能、α9 IIの速写性能、α7S IIIの動画性能を取り込み、写真も動画も不満なく撮影できる次世代のスタンダードフルサイズミラーレスに仕上げてきました。

価格はオープンで、ボディ単体モデルの予想実売価格は33万円前後。発売は12月17日で、12月7日の10時から事前予約を受け付けます。

2018年3月に発売してフルサイズミラーレスのベストセラーとなった「α7 III」の改良版モデル。おもな特徴は以下の通りです。

新開発の裏面照射型CMOSセンサーを採用、画素数は従来の有効2420万画素から有効3300万画素にアップ。高感度ノイズを減らして画質を改善
画像処理エンジンはBIONZ XRをデュアルで搭載
オートフォーカスの測距点は759点に増強、新たに鳥認識AFにも対応
EVFは約368万ドットに高精細化、偽色の発生も抑制して見やすさを向上。120fpsのなめらか表示も選択可能
背面液晶は368万ドットのバリアングル式に改良、タッチによる操作にも対応
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「動画」に関する記事

「動画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「動画」の記事

次に読みたい「動画」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク