スマホ購入は実店舗が7割、オンラインが2割強 - MM総研調査より

スマホ購入は実店舗が7割、オンラインが2割強 - MM総研調査より
拡大する(全1枚)
MM総研は2018年9月~2021年7月にかけて5回にわたり行った調査に基づき、携帯電話端末の購入実態レポートを発表した。同社によると、2018年9月の調査では13.0%だったオンライン購入の比率は2021年7月には23.3%と大幅に増加したものの、実店舗での購入が2021年7月時点でも70.3%を占めているという。

オンラインの比率が拡大している背景については、コロナ禍でキャリアショップの営業時間が短縮されて各キャリアがオンラインショップへの誘導を強化したこと、ahamo/povo/LINEMOといったオンライン専用プランの投入、オンライン志向の強いデジタルネイティブ世代の増加などがあると分析している。

より詳細にみると、携帯電話会社・MVNOの店舗での購入の比率の現象が目立ち、そのぶんが「携帯電話会社・MVNO のホームページ(オンラインショップ)」と「メーカーのホームページ(オンラインショップ)」に移っていることが見てとれる。

端末購入の際に参考にする情報源としては、2018年9月時点では最も重視されていた「店員の話」が減って「メーカーのホームページ」「携帯電話会社・MVNOのホームページ」を挙げるユーザーが増えている。前述のように購入場所が実店舗からオンラインへシフトしていることの影響だろう。

端末選定の際に重視する点としては「価格」がもっとも多く、42.7%のユーザーが挙げている。2018年9月から2021年7月にかけて9.2ポイントの増加になっており、2018年9月時点では価格と同じくらい重視されていた「デザイン(色・形状・サイズ)」に2021年7月時点では12.9%の差をつけている。年齢別でみると高齢者ほど価格を重視する傾向が高く、また60歳以上では「操作性」を、10代と20代では「
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク