今冬も予想される電力不足、なぜ電力市場価格は高騰するのか--Looopが解説

今冬も予想される電力不足、なぜ電力市場価格は高騰するのか--Looopが解説
拡大する(全1枚)
エネルギーフリー社会の実現を目指し、再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービスを展開するLooop。同社が今冬に予測される電力市場高騰に関するメディア向け勉強会を開催した。その内容を紹介する。
○電力自由化による市場の変化と現状

日本では2016年4月に電力小売が自由化され、消費者は電力会社を選ぶことができるようになった。現在、電気の時間帯別料金や各種セット割引など、自分のライフスタイルに合わせた料金メニューの会社に変えたり、再生エネルギー中心のエコな電気や地産地消になっている電気を選んだりと、さまざまな選択肢が生まれた。

電力小売の全面自由化を受け、発電事業者や小売事業者が電力取引を行う場として整備された市場が「JEPX」(日本卸電力取引所)だ。事業者がJEPXに登録すれば、電気の売買をすることが可能になる。電力自由化前は、火力や原子力による発電が中心であったが、稼働率低下による固定費回収が見込めない火力電源などの休廃止が進行。当該エリアでの供給力が低下してしまうケースがある一方で、比較的小規模な太陽光発電などの再生エネルギーによる発電設備が増えつつある。

JPEXは全国9エリアに分かれており、30分単位の電気を1商品として売買がなされている。ほかの参加者の入札動向が開示されないブラインドの状態かつ、入札者は入札した価格によらず、決定された約定価格で売買するシングルプライスのオークション方式がとられている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク