Windows 11向け新デザインの「メモ帳」、Insiderプレビューに登場

Windows 11向け新デザインの「メモ帳」、Insiderプレビューに登場
拡大する(全1枚)
米Microsoftは12月7日(現地時間)、Windows InsiderプログラムのDevチャンネルでWindows 11向けにリニューアルした「メモ帳」(Windows Notepad)のプレビューを開始した。

シンプルで、手軽に使えるのがメモ帳の特長であり、日常的にメモ帳を使用しているユーザーの多くは大きな変化を望んではいない。それを踏まえて再デザインしており、MicrosoftのDave Grochocki氏は、生産性、軽快なパフォーマンスと安定性を最重要視しながら「クラシックなアプリをモダンにアレンジし、新鮮でありながら親しみを感じさせるものになるようにデザインしました」としている。

新デザインは、角がラウンドしていて、マイカ(Mica)素材の効果が用いられているなど、Windows 11のビジュアルデザインに沿ったものになっている。最大の変更点はダークモードのサポートだ。デフォルトでは、ユーザーのシステムテーマの設定に合わせて表示されるが、アプリの設定で表示モードを変更できる。

また、フォントのオプションが用意されているほか、再設計した検索・置換機能、ユーザーからの要望が多かったマルチレベルの「取り消し」などをプレビュー版は含む。

最初のプレビューのため、異なる入力言語の切り替えや日本語IMEの使用がアクセスキーの使用に影響するなど、いくつかの問題を残したままのリリースになっている。今後は既知の問題を修正し、大きなファイルを開く際のパフォーマンスの改善といった作業を続けていくとのこと。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マイクロソフト」に関する記事

「マイクロソフト」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マイクロソフト」の記事

次に読みたい「マイクロソフト」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク