社長の「輩出率」都道府県ランキング、1位は? - 2位山形県、3位香川県
拡大する(全1枚)
東京商工リサーチは12月7日、「社長の輩出率、地元率」調査の結果を発表した。同調査は、 同社企業データベース約400万社の代表者データから、公開された出身地を抽出し集計したもの。なお、同一人物が複数企業で社長を務めている場合、売上高の大きい企業を優先している。

2021年の都道府県別人口に対する社⻑「輩出率」は、「徳島県」(1.35%)が5回連続で首位となった。徳島県は堅実・実利を尊ぶ県民性として知られるほか、ブロードバンド環境の整備を進め、先端産業・ベンチャー企業集積も目指している。また、人口の減少率は全国平均(0.7%減)を大きく上回っているが、産業や観光・文化等の進行を目的とした「関西広域連合」に四国で唯一参加し、関西圏との距離が近いこともあってか、住民の転出数が転入数を上回り、人口減少が社長「輩出率」首位を守る一因にもなっている。

以下、2位「山形県」(1.18%)、3位「香川県」(1.13%)、4位「秋田県」(1.10%)、5位「愛媛県」(1.02%)と続き、人口減少率が全国平均を上回る県が上位に。一方、輩出率が低いのは、47位「埼玉県」(0.26%)、46位「千葉県」(0.27%)、45位「神奈川県」(0.33%)など、人口増の首都圏が並ぶ結果に。県外からの人口流入が輩出率を相対的に下げた格好となっている。

出⾝地別の社⻑数は、「東京都」が7万1,657人で断トツのトップに。2位は「