GMOインターネットグループ、新卒社員の年収を710万円に設定

GMOインターネットグループ、新卒社員の年収を710万円に設定
拡大する(全1枚)
GMOインターネットグループは12月9日、リモートワークの活用により人員増に応じた増床をせず将来の家賃を抑制し、RPA・AI・ロボットの導入による社員の生産性向上を図り、各業界・地域における最高水準の給与を実現する取り組みを2022年度より始動すると発表した。

同取り組みの施策の一つとして、新卒の年収を日本国内で最高水準の710万円とするプログラムを2023年度の新卒採用より開始する。同プログラムは2023年度新卒採用以降、当面の間実施される予定。

同プログラムで採用された人は、スキル育成のための研修プログラムなどの育成機会が提供される。採用から2年間は年収を710万円に設定し、3年目に再評価を行う。エンジニアやクリエイター、データサイエンティストなど、さまざまな職種の応募を行うとしている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ロボット」に関する記事

「ロボット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ロボット」の記事

次に読みたい「ロボット」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク