大竹しのぶ、明石家さんまとは「微妙な関係」結婚当時の夢を叶えたこと褒める

大竹しのぶ、明石家さんまとは「微妙な関係」結婚当時の夢を叶えたこと褒める
拡大する(全1枚)
第46回報知映画賞の表彰式が16日に都内で行われ、各賞の受賞者が登場した。

映画『漁港の肉子ちゃん』でアニメ作品賞を受賞した大竹しのぶは「プロデューサーが明石家さんまさんということで、断るわけにはいかないというか、『貸しを作ってやったぜ』みたいな」と会場を笑わせる。

さらに大竹は「30年以上前にプライベートのパートナーだった時に、『いつか映画を作りたいんだ』とちらっと言っていて、『そんなことできるわけないのにな』なんて思っていたんですけども、夢が叶えられたことはすごいなと思います」とエピソードを披露。「現場でも本当に細かくて無謀な指示を言って、監督はすごく困ったと思います。アニメーションでは考えられないような、カットとカットの間に『イ~!』って笑いを入れてくれとか、編集でどうなるんだろうという指示をたくさんして。しかも彼は監督がどういう監督かもわからず、有名な監督さんなんだよと言っても『あ~そうなんや』って、そういう運の強さを持っているのかなと思いました」と明かす。

大竹はプロデューサーの明石家について「今回の賞をいただけて、『なんか言うことはない?』って一応聞いてきました。そしたら『明日から報知新聞をとる』ということと、『とにかく俺を褒めてくれ』ということだったので、夢を叶えたということでは褒めてあげようと思います。なんか、ちょっと微妙な関係なのですいません」と苦笑。「こういう状況の中でこのような賞を、そしてこういう祝賀会を開いてくださるというのは作り手側にとっては大きな励みになると思います。大変だと思いますけど、どうぞ頑張ってください。私たちも現場で頑張りたいと思います」と改めて感謝の言葉を述べた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

大竹しのぶのプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大竹しのぶ」に関する記事

「大竹しのぶ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事

次に読みたい「大竹しのぶ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク