2022年『値上げされるものリスト』家計への影響と対処法は?
拡大する(全1枚)
2021年に続いて、2022年もさまざまなものが値上がりする見通しです。すでに値上げが決まっているもののうち、家計への影響が大きいものをピックアップしてご紹介します。また、生活に直結する公共料金や食品などの値上がりにどのように対処したらいいのか、家計防衛策についてもお伝えします。

公共料金の値上げ
○電気・ガス

2022年1月の電気・ガス料金は、2021年12月と比べ全社が値上げとなります。これで5ヵ月連続の全社値上げとなり、2021年初と比較すると10%以上の値上げとなります。
値上げ幅は平均的な使用料の家庭で、東京電力146円増、中部電力153円増、関西電力107円増、ガスでは、東京ガス109円増、大阪ガス113円増となっています。
○水道料金

神奈川県三浦市は水道料金を2022年7月から10.2%引き上げる方針を固めています。他にも静岡県河津町、青森県七戸町などが2022年4月から水道料金の値上げを実施する予定です。すでに2021年の1月に埼玉県川口市で平均25%値上げ、7月に神奈川県横浜市で平均12%値上がりしており、民間の研究グループでは2018年と比較して2043年には全国平均で43%水道料金が値上がりすると予測しています。今後も値上げは続きそうです。

医療・保険の値上げ
○医療費

2022年10月から、75歳以上の一定以上の所得がある人の医療費の自己負担割合を、1割から2割に引き上げることになりました。