高木俊&小西詠斗、前代未聞の「一発撮り映画」に恐怖も…「意外とできちゃいました」
拡大する(全1枚)
テレビ東京で生まれた『テレビ演劇 サクセス荘』シリーズがまさかの映画化となり、12月31日より『映画演劇 サクセス荘』が全国で公開される。同作は都会の片隅にひっそりと佇む一軒のアパート「サクセス荘」を舞台に、芸人、漫画家、占い師、料理人など個性豊かな住人の物語を描いている人気シリーズで、「本番一発勝負」が特徴。

映画でも同じく一発撮りで勝負し、住人である和田雅成高橋健介高野洸、高木俊(※高ははしごだか)、黒羽麻璃央、spi、立石俊樹、有澤樟太郎荒牧慶彦、定本楓馬、玉城裕規寺山武志、小西詠斗、唐橋充(劇中部屋番号順)に加え、ゲストとして佐藤流司北園涼橋本祥平北村諒がセレブ集団・通称S4として登場する。今回は、1期から出演する高木俊と、メンバー最年少・小西詠斗にインタビュー。それぞれの立場から見た作品の面白さや、今回の『映画演劇』の撮影についてなど話を聞いた。

○■「怖いな、僕にできるかな」と…

——映画化決定ということに誰もが驚いたと思いますが、まずは企画を聞いた時の感想をぜひ教えていただけたら。

小西:皆さんが驚いたように僕も映画化と聞いてものすごくびっくりしましたし、そこからずっと「怖いな、僕にできるかな」と思っていたんです。でも今までのメンバー、新しいメンバーが一緒になって盛り上がって、想像していたほどの緊張はなく撮ることができて楽しかったです。

高木:最初に聞いた時は、尺が1番気になりました。「70分くらい」と聞いたので、いつもの2倍すぎくらいの量か、と考えていたのに、実際やってみたら95分になっていたんですよ。今まで