2022年の"急成長株"は? 会社四季報・新春号で見つけたお宝銘柄
拡大する(全1枚)
2021年の株式市場も残すところあと数営業日。新型コロナの影響が続く中、今年の株式市場は日経平均がバブル期以来の30,000円台に到達し、歴史的な1年となりました。米国市場を中心に株価指数が堅調に推移する中で、DXやESGなどのテーマも市場をにぎわせました。

今回は最新の会社四季報新春号の中から2022年に注目のテーマ・銘柄について見ていきたいと思います。

○IPOが多かった1年、今年上場した銘柄で注目は?

世界の株式市場が堅調に推移する中、今年は日本国内での新規株式公開が多い1年となりました。年間のIPOの銘柄数は125社にのぼり、2006年以来の高水準となる見通しです。

12月には30社を超える企業がIPOを行い、資金の分散により軟調な株価形成となる銘柄も出てきています。一方でIPOはあくまで上場企業としてのスタートラインであり、上場以降の業績推移が重要になってきます。今回は企業のDX化を背景に今後の動きが注目される2社を取り上げます。

まずは2021年6月に上場した『プラスアルファ・コンサルティング』(4071)です。ビッグデータを可視化するプラットフォームを展開し、人事情報・社員の見える化を実現する「タレントパレット」事業は急成長しています。2019年末に230社だったタレントパレットの契約者数は、現在では700社まで急増しており、平均月額単価の上昇も伴って月額課金収入も堅調に上昇しています。株価も公開時から4割ほど上昇し、直近の時価総額は約1,300億円となっており、上場後も高い評価を保っています。