阿部サダヲの狂気、ずぶ濡れで奔走する岡田健史…『死刑にいたる病』初映像【動画あり】
拡大する(全1枚)
俳優の阿部サダヲが主演を務める映画『死刑にいたる病』(2022年5月公開)の特報映像が6日、公開された。

櫛木理宇の同名小説を白石和彌監督が映画化した同作。理想とは程遠いランクの大学に通い、鬱屈した日々を送る雅也(岡田健史)の元に、ある日稀代の連続殺人事件の犯人・榛村(阿部サダヲ)から1通の手紙が届く。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうちの9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行を行っていた当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」。榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始める。そこには想像を超える残酷な事件の真相があった。

本編映像初解禁となる特報では、世間を震撼させた連続殺人鬼・榛村と、榛村から届いた1通の冤罪証明依頼に挑む大学生・雅也の、拘置所での息のつまるようなやり取りが描かれる。榛村は24人の命を奪った連続殺人鬼とは思えぬ清潔感のある佇まいや穏やかな口ぶりとは裏腹に、表情や仕草にただならぬ狂気を垣間見せる。不気味なほどに整った手紙の筆致や、表情のアップなどからも底知れぬ闇を感じさせる。

対する雅也は突然届いた1通の手紙を読み、拘置所で対面した榛村の話を食い入るように聞き、彼が冤罪だと主張する事件の真相に迫るため、雨に打たれずぶ濡れになりながら奔走する。水に浮かぶ血の付いた爪、土砂降りの雨の中血まみれで何者かに足を引きずられながら悲痛な叫び声をあげる女性といった映像が挟まれ、本当に冤罪なのか、真犯人は誰なのか気になる特報となっている。