フォルクスワーゲンの「T-Cross」を買うのに必要な年収はどのくらい?
拡大する(全1枚)
フォルクスワーゲンのT-Crossは、コンパクトSUVの外車の中でも運転のしやすさや空間の広さで高い人気を誇っています。ターコイズブルーやオレンジメタリックなど、目を引く華やかなボディカラーも印象的です。

T-Crossを買うためには、どのくらいの年収が必要なのでしょうか? 今回はT-Crossクラスの見積価格の目安、無理なく買える年収の目安について解説します。

T-Crossは使い勝手の良さとデザインの華やかさが特徴のコンパクトSUV

フォルクスワーゲンが販売するSUVは、ティグアン、T-Roc、T-Crossの3種類があります。この中で最も小さいのがT-Crossで、日本でも大人気の車種です。

日本では2020年の上半期・下半期とも、輸入SUVの新車登録台数で1位を獲得。 2021年の上半期でも1位を獲得し、依然として高い人気を誇っています。

2021年3月から、日本仕様のカタログモデルの販売が開始されました。「TSI Active」と「TSI Style」の2つのグレードがあります。

全長4,115mm、全幅1,760mm、全高1,580mm、ホイールベース2,500mmと、コンパクトなボディで、日本でも運転しやすいサイズです。

フォルクスワーゲンのデザインはこれまで、良く言えば質実剛健、ネガティブな表現では面白みがないといわれることもありました。しかしT-Crossのボディカラーはターコイズブルーやオレンジといった若々しく華やかなカラーも取り入れ、洗練されたデザインです。