拡張が進むEdgeは高機能化なのか肥大化なのか - 阿久津良和のWindows Weekly Report
拡大する(全1枚)
Microsoft Edge(以下、Edge)の評判が芳(かんば)しくない。「microsoft-edge」プロトコルをEdgeでしか開けない問題に加えて、最近ではオンラインショップ別に価格を比較する「Price comparison」を搭載し、Canaryチャネル版Edgeにゲーム機能を追加した。今のところPrice comparisonは日本国内では動作せず、ゲーム機能は利用者が意図的に呼び出す必要があるため、普段のWeb閲覧環境を阻害するものではない。それでも海外の報道や利用者が集う掲示板に目を通すと、Price comparison機能を必要とするユーザーは少ないようだ。

Web閲覧やSaaS利用の基盤となるWebブラウザーが、肥大化することは決して好ましくない。かつてのInternet Explorer(以下、IE)が証明している。よい例がIE用ツールバーだ。Webアクセス時の機能を拡張するアドオンだったが、各Webサイト運営企業が自社製ツールバーをリリースしていた。当時、Webサイトを訪れて言われるがままにIEツールバーインストールすると、肝心のWebページ表示領域(おもに縦方向)が狭まるという笑えないジョークがあったほど。現在のMozilla FirefoxやGoogle Chromeでも、大量のアドオンや拡張機能をインストールして使い勝手(おもに動作スピード)が落ちることはよくある。